RKB NEWS

鈴木大地長官がラグビーW杯授業を視察

10月2日(水) 12時03分


鈴木大地スポーツ庁長官が、きょう、ラグビーワールドカップの開催地である福岡市の中学校を訪れ、大会について学ぶ授業を視察しました。

きょう午前、鈴木大地長官は福岡市西区の中村学園三陽中学校を訪れ、ラグビーワールドカップについて学ぶ特別授業を視察しました。

授業では代表の生徒2人がおよそ70人の全校生徒を前にラグビーの歴史やきょう福岡市の博多の森球技場で対戦するフランスとアメリカの文化や代表チームの特徴について発表しました。

鈴木長官は、時折、笑顔を見せながら生徒たちの発表に耳を傾けていました。

フランス対アメリカの試合は、午後4時45分から、東平尾公園博多の森球技場で開催され、三陽中学校の全校生徒も会場で観戦することになっています。

2019年10月2日(水)のニュース