RKB NEWS

トイレ火災で高3女子逮捕~イライラして…

10月8日(火) 19時44分


逮捕されたのは、近くの高校に通う女子生徒、「イライラして火をつけてしまった」と供述しています。

JR篠栗駅の公衆トイレの壁などが焼けた不審火について、警察は18歳の少女を建造物損壊の疑いで逮捕しました。

福岡県篠栗町に住む高校3年の女子生徒は、きのう午後、篠栗駅前の女子トイレで、便座用クリーナーに火をつけ壁のタイルや天井を焼いて損壊させた疑いがもたれています。

このトイレでは、先月26日と30日にも、同じ個室で紙などを焼く不審火が起きていました。

その度に周辺の防犯カメラに女子生徒とみられる人物が映っていたことから、警察が事情を聴いたところ、火をつけたことを認めたということです。

取り調べに対して、「家庭や学校のことでイライラして火をつけてしまった」と供述しているということです。

警察は、先月の不審火についても事情を聞くことにしています。

2019年10月8日(火)のニュース