RKB NEWS

工藤会本部の売却は「来月以降」

10月24日(木) 12時10分


民間企業への売却が決まっている特定危険指定暴力団・工藤会の本部事務所について、北九州市の北橋市長は24日、売買契約の締結が来月以降にずれ込む見通しを明らかにしました。

小倉北区にある特定危険指定暴力団・工藤会の本部事務所は、工藤会側が建物を解体し、跡地は福岡県内の民間企業に売却されることが決まっています。

北九州市は当初、今月中旬にも民間企業との売買契約を締結する予定でしたが、北橋市長は24日の定例会見で、建物解体のスケジュールや費用などが確定しないとして契約締結が来月以降にずれ込む見通しを明らかにしました。

建物の解体工事には約3か月かかる見込みで、市の担当者はできるだけ早く契約を交わし、工事に着手したいと話しています。

2019年10月24日(木)のニュース