RKB NEWS

世界16の国・地域から121機「バルーンフェスタ」開幕

10月31日(木) 12時31分


色とりどりの気球が秋の空を彩る「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」が31日開幕しました。

第40回記念大会となる「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」には、世界16の国と地域から気球121機が参加しています。

午前7時すぎに始まった競技では、色とりどりのバルーンが嘉瀬川の河川敷から飛び立ちました。

競技では、「目印」をめがけて上空から「マーカー」と呼ばれる砂袋を落とし、その正確さを競います。

バルーンはバーナーを使って上昇、下降はできますが前後左右の移動は風まかせで、風をうまくとらえることがポイントです。

会場には多くの人が訪れ、秋晴れの空に舞うバルーンに歓声をあげていました。

「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」は来月4日まで開かれています。

2019年10月31日(木)のニュース