RKB NEWS

女子大生に“抱きつきケガ” 小学校教論を逮捕

11月18日(月) 12時23分


佐賀県鳥栖市の小学校で学年主任を務める教諭が、女子大学生にわいせつな行為をしたうえ、けがをさせたとして逮捕されました。

逮捕されたのは、佐賀県鳥栖市の基里小学校の教諭・大森武志容疑者(46)です。

大森容疑者は今年3月、福岡県久留米市内の路上で女子大学生に後ろから抱きついて胸などを触ったうえ、そのまま押し倒して全治2週間のけがをさせた疑いが持たれています。

近くの防犯カメラにこの大学生のあとをつける不審な男が写っていたことから、大森容疑者が浮上しました。

2人に面識はないとみられ、大森容疑者は取り調べに対して「ストレスがたまっていた」と供述する一方で、「押し倒してはいない」と容疑を一部否認しています。

鳥栖市の教育員会によりますと、大森容疑者は小学3年の担任と学年主任を務めています。

2019年11月18日(月)のニュース