RKB NEWS

神社で正月の縁起物を準備

11月19日(火) 12時04分


師走を前に福岡市西区の神社では、19日から来年の初詣に向けた縁起物の準備が始まりました。

福岡市西区の愛宕神社では、19日から、正月の縁起物として授与する破魔矢作りが進められています。

一日に300本を目標に作られている破魔矢は、無病息災の意味を持つ名物の赤いひょうたんが取り付けられています。

巫女さんたちはひとつひとつ丁寧にひょうたんを取り付けて仕上げていました。

愛宕神社では年々、正月の参拝客が増えていて、特に来年は、令和最初の初詣ということもあり、正月三が日で例年より10万人多い60万人の参拝を見込んでいます。

2019年11月19日(火)のニュース