RKB NEWS

漁協側「国の説明不足」~オスプレイ再協議

11月26日(火) 19時49分


自衛隊の輸送機オスプレイの佐賀空港への配備計画をめぐり、佐賀県の山口知事は、26日計画に反対する有明海漁協の幹部と会談しました。

漁協側は、「国の説明が足りない」と改めて不快感を示しました。

佐賀県の山口祥義知事は、26日午後、有明海漁協を訪れ佐賀空港への自衛隊のオスプレイ配備計画について約30分間、漁協幹部らと協議しました。

会談はことし5月に続き2回目で、山口知事は配備計画に理解を求めるとともに、佐賀空港の建設時に県と漁協が結んだ「空港を自衛隊と共用しない」とする公害防止協定についても改めて変更を要請しました。

これに対し漁協は、これまで各支部で開かれた防衛省の説明会について「国防上必要なものという説明が足りない」と不快感を示しました。

●佐賀県有明海漁協徳永重昭組合長
「国防で必要ならちゃんとした説明をしないといけない」「支援策が先に立っている」山口知事は「国が真摯な態度で漁業者と向き合えるかが焦点になる」と述べました。

2019年11月26日(火)のニュース