RKB NEWS

川端商店街火災1人やけど~買い物客で騒然

11月28日(木) 19時26分


昼時のアーケードに煙が立ちこめ、買い物客で騒然となりました。

28日午後、福岡市博多区の川端商店街の飲食店から火が出て、この店の男性店長が軽いやけどを負いました。

ビルが林立する区域から白い煙が上がっています。

火災が起きたのは、買い物客でにぎわう福岡市博多区の川端商店街で、20台を超える消防車が駆け付けました。

近くにいた人は
「ドーンという音がした」

田中記者
「火元となった店の屋根から消火活動が行われました。壁が黒く焦げているのがわかります」

アーケードの中にあるステーキ店の2階から出た火は、壁を含む4平方メートルを焼いてまもなく消し止められました。

当時、店には客と従業員のあわせて6人がいて、このうち40代の店長の男性が手に軽いやけどを負っています。

従業員によりますと、火が出た当時、店の2階では燻製器を使って木のチップを燃やしていたということです。

店の従業員
「スモークしていた」

警察が火が出た原因を調べています。

2019年11月28日(木)のニュース