RKB NEWS

家族補償法施行ハンセン病電話相談

12月1日(日) 11時47分


ハンセン病の元患者家族に対する補償法が施行されたことを受け、全国一斉の電話相談が行われています。

福岡市東区の九州合同法律事務所では、午前10時から弁護士がハンセン病の元患者家族からの相談に電話で応じています。

この相談会は、国の隔離政策によってハンセン病の元患者家族が受けた精神的苦痛に対する補償を定めた「ハンセン病元患者家族補償法」が先月、施行されたことをうけ実施されました。

補償法では、元患者の親や子、配偶者に180万円を支給することなどが定められています。

1日は、親が患者だったことを長い間、配偶者にも秘密にしていたという人など、家族から主に制度や手続きに関する相談が寄せられているということです。

電話相談は1日午後6時までで、弁護団は「気軽に相談してほしい」と呼びかけています。

2019年12月1日(日)のニュース