RKB NEWS

沿線住民が”鉄道復旧”求め著名活動

12月1日(日) 18時33分


おととしの九州北部豪雨で被災し不通の状態が続いている日田彦山線について、沿線の住民たちが鉄道での復旧を求め、署名活動を実施しました。

署名活動を実施したのは沿線の住民で作る「日田彦山線の完全復旧を求める会」です。

豪雨で被災し、今も不通となっている日田彦山線について、JR九州は沿線の自治体に毎年1億6000万円の負担を求める鉄道での復旧案のほか、BRT=バス高速輸送システムと路線バスの3つの復旧案を示しています。

これに対し、署名活動を行った住民たちはJR九州に対し、沿線自治体への負担なしで早期に鉄道で復旧するよう求めています。

来年2月をめどに1万人分の署名をJR九州に提出するほか、3日には福岡県と福岡県議会を訪れ、支援を求める予定です。

2019年12月1日(日)のニュース