RKB NEWS

難病を早期診断 九大病院が難病診断連携拠点に

12月2日(月) 12時26分


難病の患者の相談や支援を行う福岡県の拠点病院に九州大学病院が指定され、2日新たな相談窓口が設けられました。

福岡市東区の九州大学病院には2日新たに「未診断・未指定難病相談支援センター」が開設されました。

センターでは、難病が疑われているものの診断がついていない患者について、早期に正しい診断ができるよう専門医がいる医療機関を紹介します。

また、難病の要件を満たしているものの、指定難病の対象になっていない患者についても、制度が整い次第、国に照会することにしています。

センターでは専任の看護師が平日の午前10時から午後4時まで電話で相談を受け付けています。

2019年12月2日(月)のニュース