RKB NEWS

1年の災いはらう「大祓式」

12月31日(火) 17時34分


福岡市西区の神社で今年1年の災いをはらい心と体を清らかな状態に戻すとされる神事が行われました。

きょう午後、福岡市西区の愛宕神社で大祓式が行われました。

大祓式は愛宕神社では1000年以上の歴史をもつ儀式で、参列者が、人間をかたどった「人形」に名前や年齢などを書き「人形」で体を撫でた後、息を吹きかけます。

今年1年の災いを人形に移すことで参列者の心と体を清らかな状態に戻すとされています。

参列者は、清められた体で手を合わせて、今年一年を振り返るとともに、新たな年の無病息災を祈っていました。

2019年12月31日(火)のニュース