RKB NEWS

福岡市の鮮魚市場で「初せり」

1月5日(日) 11時46分


福岡市の中央卸売市場で今年、最初の競りが行われ、ブリやタイなどが威勢のいい掛け声とともに、次々と競り落とされました。

福岡市中央区長浜にある鮮魚市場では、午前3時に今年最初の取り引き=「初せり」が始まりました。

仲買人の威勢のいい掛け声が場内に響く中、競り人の「手やり」と呼ばれる指の合図でブリやタイなどの新鮮な魚が次々と競り落とされていきました。

市場関係者によりますと、餌となるスルメイカが減っている影響で、ブリの入荷が例年より少ないということです。

福岡市では、青果市場でもけさ初競りが行われています。

2020年1月5日(日)のニュース