RKB NEWS

「兄貴!」の叫び声、自宅全焼で死亡

1月10日(金) 12時13分


10日朝早く、福岡県柳川市にある住宅が全焼し、足が不自由だった49歳の住民の男性が逃げ遅れて死亡しました。

10日午前6時半ごろ、福岡県柳川市大和町明野で、渡辺正行さんの平屋の自宅から火が出て全焼しました。

この火事で、正行さんと2人で暮らしていた弟の等さんが全身にやけどを負い、病院で死亡が確認されました。

兄の正行さんも顔をやけどし、今は自力で呼吸が難しい状況だということです。

警察によりますと、正行さんは、「『兄貴!』という叫び声で弟の部屋に行くと、火と煙が充満していた」と、話しているということです。

等さんは足が不自由で、自分の部屋の窓から外に出たところで倒れていました。

警察は、等さんの部屋から火が出たとみて、原因を調べています。

2020年1月10日(金)のニュース