RKB NEWS

約300人が参加 冬の海で恒例の“寒稽古”

1月12日(日) 11時43分


冬の海に入り、心と体を鍛える空手の「寒稽古」が、福岡市早良区で行われました。

福岡市早良区のシーサイドももち海浜公園では、12日朝、福岡県内の空手道場、「錬心舘」に所属する約300人が新年恒例の「寒稽古」に臨みました。

参加者は太鼓の音に合わせて空手の型で体を温めると冷たい海に入っていきました。

12日朝の福岡市の最低気温は8・7度と、平年より4度ほど高く3月下旬並みではありましたが、それでも参加者は体を震わせながら、大きなかけ声を出し、冷たい海に耐えていました。

2020年1月12日(日)のニュース