RKB NEWS

北九州小倉北区 自宅に弾痕 「暴力団とトラブル」

1月13日(月) 12時21分


北九州市小倉北区に住む男性の自宅に銃で撃たれたような痕が見つかった事件について、この男性が「暴力団関係者とトラブルがあった」と話していることが分かりました。

弾痕が見つかったのは、北九州市小倉北区黒原にある住宅で、12日玄関のドアと乗用車にそれぞれ複数の痕が見つかりました。

捜査関係者によりますと、この家に住む60歳の自営業の男性は、「暴力団関係者とトラブルがあった」と話していて、警察が関連を調べています。

この事件で、玄関のドアには穴があき、付近から銃弾1発も見つかっています。

警察は、何者かが銃弾を撃ち込んだ銃刀法違反などの疑いで捜査していて、周辺の防犯カメラなどの解析を進めています。

2020年1月13日(月)のニュース