RKB NEWS

基準の5倍超 “飲酒運転”で正面衝突事故

1月14日(火) 12時30分


13日夜、福岡市南区で乗用車同士が正面衝突する事故があり、片方の車を運転していた男が、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。

13日午後7時半すぎ、福岡市南区桧原で、乗用車同士が正面衝突して、女性1人が軽傷を負う事故がありました。

警察が現場に駆けつけたところ、片方の車を運転していた、近くに住む津森康介容疑者(51)から、基準の5倍を超えるアルコールが検出されたため、警察は津森容疑者を現行犯逮捕しました。

取り調べに対し津森容疑者は、「自宅で日本酒を1合飲んだ」と容疑を認めているということです。

このほか福岡県内では、13日夜から14日未明にかけ、住所不定の74歳の男と春日市の35歳の会社員の男が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されています。

2020年1月14日(火)のニュース