RKB NEWS

福岡空港国内線に利用料 3月29日発着分から

1月15日(水) 12時06分


福岡空港の国内線で今年3月末から1人あたり110円の施設利用料が徴収されることになりました。

福岡空港を運営する福岡国際空港は、今年3月29日の搭乗分から、国内線利用客を対象とした施設利用料を徴収すると発表しました。

出発または到着する利用客に適用され、額は12歳以上が1人あたり110円。

航空運賃に上乗せして徴収し、待合室やコンコースの整備費用などに充てる計画です。

国内線の施設利用料は羽田空港や北九州空港などですでに導入されていて、福岡空港は全国で12番目となります。

福岡空港の国内線利用者数は年間約1781万人で、施設利用料の導入により年間18億円程度の増収を見込んでいます。

2020年1月15日(水)のニュース