RKB NEWS

休校“一区切り”小中学校で修了式

3月24日(火) 12時08分


北九州市の市立の小中学校で、修了式が開かれました。

今月2日から続いていた新型コロナウイルスでの一斉休校は一区切りとなり、25日から春休みに入ります。

八幡西区の光貞小学校では、新型コロナウイルスへの感染予防のため、体育館での開催を避け、校内放送を使って修了式が開かれました。

式では吉田理恵校長が、「早寝・早起き・朝ご飯を守って春休みを元気に過ごしてほしい」とモニター越しに呼びかけました。

そして、それぞれの教室で、通知表や修了証書などが児童ひとりひとりに手渡されました。

北九州市では、192の市立小中学校で24日一斉に修了式が実施され、25日から本来の春休みに入ります。

2020年3月24日(火)のニュース