RKB NEWS

高齢者のインフル予防接種 福岡県で無償化へ

9月16日(水) 12時00分


福岡県は、新型コロナウイルスとインフルエンザが同時に流行する場合に備え、65歳以上の高齢者などを対象に、インフルエンザの予防接種を無償化する方針を固めました。

インフルエンザの予防接種が無償化されるのは、福岡県内に住む65歳以上の高齢者と、呼吸器などに基礎疾患がある60歳以上の人たちです。

今年は、新型コロナウイルスとインフルエンザが同時に流行する恐れがあることから、医療体制がひっ迫するのを防ぐ狙いがあります。

また、接待を伴う飲食店が、空気清浄機など感染対策の備品を購入する費用として、1店舗当たり最大20万円、複数の店舗を運営する事業者には最大40万円を支給します。

福岡県は県議会の9月定例会に、約42億円の補正予算案を追加提案する方針です。

2020年9月16日(水)のニュース