RKB海外戦略特派員 現地レポート ~韓国の注目観光地・パープル島編~

こんにちは皆さん。韓国担当の安部敏恵です。
今回は、「島全体が紫で、見たことない光景」 をご紹介しますよ。


橋、公衆電話、民家の屋根、ゴミ箱、カフェの椅子、食堂のごはん、食器、
シャトルバス、バス停、街灯どこまでもパープルで彩られた島・・・それが
「パープル島」です!


韓国南西部、新安郡にある小さな島。
ソウルから新幹線KTXとバス、タクシーを乗り継いでも約5時間かかる、島の先の
島の先の、その奥にある島で、韓国の方でも親族がいないと訪れることがなかった
というこの島が、いま、世界から注目を集めているんです。
アメリカやイギリスのマスコミが取り上げたことで、韓国国内でも注目を集め、
アメリカ航空宇宙局NASAまでも「魅力的な島が韓国にある」と紹介するほど。

このパープル島は、2015年に全羅南道と新安郡が「行きたい島」整備事業に指定
して、この島で昔から紫色の花を咲かせるキキョウをヒントに"島全体を紫にしよう!"
という町おこしプロジェクトで紫色に生まれ変わりました。


人口は二つの島を合わせても130人程度。島の住民のほとんどが、高齢者です。
ところが、新安郡によると、韓国観光100選に選ばれたことも追い風になり、
コロナ禍でも、休日には2,000人を超える観光客がパープル島を訪れるということ。
パープルに彩られたこの島は、入場料3,000ウォン(約300円)が必要ですが
紫色を身につけていれば無料なので、訪れる観光客は殆どが紫色を着ていて、
パープル島がより紫に輝くのです。
私が訪れた時も、多くの人が紫の服を着て、紫の橋をバックに写真を撮っていました。

この独創的でおもしろい韓国の町おこし事業には、住民の協力が欠かせません。
紫色の服にマスク姿で食堂を営む「バンウォル島マウル食堂」チャン•ジョンゴン代表
に話を聞くと、「2年前から食堂を紫にしました。最初にこの町おこしの話があった
ときに、殆どの住民が賛成したことで実現できました。今は島が生き生きしています。
この格好も恥ずかしいなと思ったのは最初だけ、いまはなんとも思いません。」と語ってくれました。


食堂の定食ももちろん紫にちなんだもの。
紫の食器には島で採れた新鮮な海の幸、大地の恵みが詰まっています。
紫色のごはんは、菊と乾燥したビーツ、薬草などで色付けしていて、ほんのり甘く、花の香りがして絶品でしたよ。

このおもしろい町おこし事業によって、国内だけでなく海外観光客からも、さらには
街の活性化に取り組む国内の自治体関係者からも、いまこのパープル島に熱い視線が注がれています。


パープル島は新型コロナウィルス収束後、さらにさらに盛り上がること間違いなしです。

#韓国 #パープル島 #全羅南道 #新安郡 #観光地 #町おこし #バンウォル島マウル食堂 #RKBASIA #安部敏恵
facebook.com/RKBGLOBALMEDIA/


RKB海外戦略特派員シリーズ


RKB海外戦略特派員 現地レポート ~大都会・バンコクの朝食編~

RKB海外戦略特派員 現地レポート ~台湾の朝ごはん編~

RKB海外戦略特派員 現地レポート ~中国・広州の朝ごはん編~

RKB海外戦略特派員 現地レポート ~韓国・ドーナツブーム編~
≫ もっと見る

トレンドワード

RKB SNS公式アカウント