RKB海外戦略特派員 現地レポート  ~韓国 安東おすすめスポット編~

みなさん、こんにちは。韓国担当の安部敏恵です。
今回は、韓国の安東(アンドン)のおすすめスポットをご紹介します。

安東は、ソウルから南東に高速鉄道KTXで約2時間、高速バスで約2時間40分、韓国第三の都市大邱(テグ)の北に位置する緑豊かな地域で"韓国の精神文化の首都"とも言われ、市内には韓国らしい建物や風景が残っています。
コロナ禍の長期化により、人々は"ヒーリング"を求めて出かけるということで、自然豊かな安東は、韓国国内で再び注目を集めているんですよ。

最も有名な観光スポットは、「安東河回村(アンドンハフェマウル)」です。
このタイムスリップしたような街並みは、セットでもなく、実際の村です。
ここは、2010年にユネスコの世界遺産に登録された民俗村で、古い茅葺き屋根の家屋が数多く残り、朝鮮時代の貴族階級である「両班(ヤンバン)」の子孫が実際にまだ生活しています。

ここ数ヶ月、韓国国内全体の新型コロナ感染者は1日あたり500人程度と比較的落ち着いているため、制限された生活の中でも国内の観光地が盛況です。
私が訪れた日も、駐車場はほぼいっぱいでした。村全体は2時間ほどあればゆっくり歩いて回ることができるので、市内観光にはぜひ組み入れて欲しい観光地です。

続いて癒しを求めて訪れたのは、洛江水道(ナッカンムルキル)公園です。
ここは、知る人ぞ知る隠れた名所で、SNS上では"秘密の森""絵画のような写真を撮れる場所"と言われています。どうです? ここで写真を撮ったら誰でも日頃の3割増しで撮れることを保証します!

安東に来たら、絶対食べたいグルメといえば! 「安東チムタッ」です!

これは、鶏肉と人参やジャガイモ、玉ねぎ、春雨などを醤油で甘辛く煮た料理で、日本人の口にも合う味付けなのでおすすめします。ソウルでも食べられる安東名物なのですが、やはり本場で食べると全然違いますね。もつ鍋を本場福岡で食べたら美味しいのと同じでしょうか。

市内の市場にはチムタッ通りがあり、数十軒のチムタッ料理店が並びます。店先の大きな鍋で豪快に料理され店内の席に運ばれる豪快さも、ご当地ならではです。ぶつ切りにした鶏肉が柔らかくて、タレが沁みていてご飯がとにかく進みます。辛さは調節できるので、辛いものが苦手な方やお子さんにもおすすめです。
写真は、一番小さいサイズ。3人で食べるくらいがちょうどいいです。

いかがだったでしょうか。
目も心も胃袋も満たされる韓国の安東。おうち時間が長くなってストレスが溜まる日々ですが、時間がある時に、旅行計画をじっくり立ててみては? 韓国の地方もいいですよ〜。

facebook.com/RKBGLOBALMEDIA/


RKB海外戦略特派員シリーズ


RKB海外戦略特派員 現地レポート番外編  ~イケメン同士の"純愛"に胸キュン!タイ人気ドラマが映画化~

RKB海外戦略特派員 現地レポート ~台北の王道観光スポット編~

RKB海外戦略特派員 現地レポート ~中国・広州の観光スポット編~

RKB海外戦略特派員 現地レポート ~韓国の注目観光地・パープル島編~
≫ もっと見る

トレンドワード

RKB SNS公式アカウント