KYANCHOME102 キャンチョメライス(エビ)|視聴者が選んだおすすめカレー RKB「ソコトラ」しりとりカレー#01

鹿児島県出身で歌手、声優、ローカルタレントと幅広く活動するカレー命な「ソコトラ」リポーター"たける"のカレージャニー企画"しりとりカレー"。"珠玉の一皿を求める旅へ"をコンセプトにたけるが福岡のカレーを紹介する「ソコトラ」の人気コーナー。視聴者から推薦されたカレー屋さんをめぐります。

記念すべき第1回は福岡市南区にある"KYANCHOME102"。
今回、映像で紹介しているのは"KYANCHOME102"の人気商品「キャンチョメライス(エビ)」。紫キャベツ、パクチー、フライドエッグなどのトッピングが個性豊かに味だけでなく目でも楽しませてくれる正にインスタ映えな一品です。

キャンチョメライスの特徴は、何と言ってもスリランカカレーとインドカレーが一度に楽しめるところにあります。スリランカカレーで使用されるココナッツのふりかけと、ライタと呼ばれるインド風ヨーグルトカレーが一度に楽しめるので、お家はもちろん他のカレー店でもなかなか出会うことが出来ない言わば創作料理とも呼べるカレーに仕上がっています。

#01 KYANCHOME102/キャンチョメライス.00_01_59_00.静止画003.jpg

バスティマライスにスリランカ風ポークカレーがベースとなっており、お肉の部分をを食べていなくても一口一口の満足感があるところもポイントです。他にも、主役級の存在感を誇るダル(ダール)や、ランペ(ハーブの一種)、ものすごく柔らかく調理された豚肉とゴラカの相性も抜群で店長ご自慢のカレーです。

また、ワンプレートだからこその食べ方でスリランカカレーとインドカレーをミックスして楽しむこともでき、個性あふれるそれぞれの甘味、塩気、酸味が合わさってお店でしか出すことの出来ない味が堪能出来るのもキャンチョメライスの魅力。キャンチョメライスを堪能した"たける"も大絶賛!"カレー界の岡本太郎"と個性豊かな表現している点も注目です。

#01 KYANCHOME102/キャンチョメライス.00_03_33_16.静止画001.jpg

お店は西鉄高宮駅から徒歩6分(450m)の距離。ぜひ"しりとりカレーオリジナルステッカー"を目印に"KYANCHOME102"に足を運んでみてください。

店名 KYANCHOME102
住所 福岡市南区玉川町2-16 キハラビル1階
ご紹介した料理 キャンチョメライス(エビ)
1,350円(タンドリーチキンはプラス100円)
たけるの感想 個性とセンスが爆発しているワンプレートカレー
名付けてカレー界の岡本太郎

※営業時間・メニュー・料金等は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。


socotra_thum.jpg

ソコトラ 毎週月・水・金 9:55〜
「本当に良いもの」を「本当に素敵なもの」を紹介していく番組です。スタジオを天神に構え、人やモノ、企業や団体と交わりながら、選りすぐりのコンテンツを紹介していく生放送です。福岡はソコトラ島のような独自の生態系を持つ面白さであふれている!

トレンドワード

RKB SNS公式アカウント