まっすぐ歩みを止めず進み続けるラーメン道

「吟麦」で生まれ変わったプリっと弾ける極細麺

訪れるたびに驚きや発見がある。『天龍ラーメン』といえば濃厚で力強い豚骨スープがまず思い浮かぶが、昨秋より麺が劇的に変わった。これまでも自家製麺だったが、小麦粉を「吟麦」に変えたのが大きな要因だという。この「吟麦」は製粉会社や同業者たちとの勉強会を重ねて共同開発したもので、食物繊維・鉄分・ビタミンが豊富で健康志向の小麦粉。それに全粒粉や石臼挽きの小麦粉などをブレンドして、小麦本来の甘味や香りを存分に感じられるようにしている。コシを出すために圧延回数を増やし、加水率を上げて一晩寝かせた麺は、極細麺にもかかわらずプリプリとした弾力が印象深い。


「吟麦」を使った自家製麺は、以前と変わらぬ切刃28番(1.07mm)の極細麺

もちろん、丼のそこに骨粉が残るほど濃厚なスープも健在。ゲンコツを中心とした5種類の豚骨を継ぎ足しながら熱効率が良い羽釜で炊き続け、いわゆる"呼び戻し"製法で濃密な旨味を凝縮している。その濃度は一般的な博多ラーメンが10%前後なのに対し、同店では15%以上。そんなスープに負けぬ個性を持った新たな麺も相性抜群で、さらなる進化を見せてくれた。絶えず挑戦し続ける店主の姿勢には感服するばかりだ。


【ラーメン 550円】ラードや背脂は使わず、ゼラチンが豊富な豚足を加えることでスープの乳化を進めてとろみを出している。提供前にもひと手間加えて再乳化させ、クリーミーな滑らかさに仕上げるのが一体感の秘密


店舗情報

        
店名天龍ラーメン
住所糟屋郡志免町南里1-3-31
電話番号092-935-1588
営業時間11:30~20:00 ※なくなり次第終了
定休日木曜
座席数19席
駐車場共用あり
カード

※この記事は、シティ情報ふくおかの『麺本2020』より抜粋して掲載しています。
福岡の街の情報盛りだくさん「ふくおかナビ」

トレンドワード

RKB SNS公式アカウント