美味本緊急検証‼ 創業以来不動の人気店!『博多めんちゃんこ亭』が福岡っ子にずっと愛されている5つの理由 いつまでも地元に愛されるための条件とは?

福岡に生まれて40年。うどんともチャンポンとも違う、一度食べたら忘れられない、福岡っ子自慢の『めんちゃんこ』。時代の荒波に揉まれながらもいつまでも不動の人気を誇る『博多めんちゃんこ亭』の愛され続けるその秘密に迫る!

【地元に愛される5つの証言:01】未だここでしか味わえない福岡オリジナルの名物料理 ありそうで無い!それが"めんちゃんこ"


豚肉、キャベツ、もやし、ニラ、油揚げ、餅、豆腐などバラエティ豊かなトッピングと、出汁のうまさが決めての『元祖めんちゃんこ』



自家調合のチゲ味噌を使い、辛さも選べる『チゲ味噌めんちゃんこ』(836円)。女性を中心に絶大人気のヒット作!


広島産の大粒の牡蠣を使用し、自家製のこだわり味噌で仕上げた、冬の名物『味噌かきめんちゃんこ』(968円)。

まずは『めんちゃんこ』なる料理が、ラーメンやうどんなどと違い、どこでも食べられるものではない、ここでしか食べることのできないオリジナルであるということだ。『めんちゃんこ』は創業者・米濱昭英が相撲部屋でご馳走になった「ちゃんこ鍋」から着想を得て、試行錯誤の末に完成した料理だ。それは、野菜たっぷりな鍋料理でもあり、お腹も充分に満たされる麺料理でもあり、老若男女に幅広く受け入れられた。誕生から40年を経て、未だ他では味わうことができない唯一無二の存在なのである。


【地元に愛される5つの証言:02】来福ミュージシャンやお笑い芸人さんも御用達の店 芸人さんがよく飲んでますよ

斉藤優さん(パラシュート部隊)ノボせもんなべさんもお気に入り!

ここでしか味わえない『めんちゃんこ』は、次第に全国からやってくるミュージシャンや俳優たちにも知られる存在となっていった。今ではテレビでお馴染みの芸人やタレントたちが利用している光景も珍しくない。かけだしの芸人をスタッフとして受け入れたり、店のロゴやメニュー文字なども地元作家や芸術系の学生に依頼するなど、文化面への貢献も見逃せない。


【私が描いてます!】『博多めんちゃんこ亭』のメニューや看板に、独特な風合いと茶目っ気のある筆文字を描いているのは、生粋の博多っ子で筆師として活躍する錦山亭金太夫さん!


【地元に愛される5つの証言:03】やっぱりダシが決め手! 味の基本にもとことんこだわる ハモのお出汁...⁉ ゼイタク~ッ!

老いも若さも誰にでも美味しいと受け入れられ続ける『めんちゃんこ』。その美味しさの基本を担っているのは、とくに料亭なので使われる高級魚・鱧(ハモ)の出汁。あっさりとして甘味があり、上品でクセのない味わいは、すべてのメニューのベースとなっている。


【地元に愛される5つの証言:04】麺酒場の先駆け! 独り呑みでもサマになる店 えっ、ハイボール1杯198円⁉

『博多めんちゃんこ亭』は、今流行りの"めん酒場"の草分けだ。かつてニューヨークに出店した折、食事とお酒を同じ店で楽しむ欧米スタイルに見習い、お酒も出すようになったのがはじまりだとか。今でもそのスタイルは続いており、おつまみメニューもあるので、男女分け隔てなく気兼ねなく食事とお酒を楽しめる店として利用されている。

居酒メニューも充実!

【地元に愛される5つの証言:05】世代を越えて語り合えるオール世代共通の思い出の味に スタッフさんも世代を越えている

「相撲めんちゃんこ」の看板を掲げた創業当時の藤崎本店

創業40年ともなると、3世代、4世代にわたり、家族の思い出の食事の場所として利用されていることが多い。スタッフにも80歳を超える女性が元気に働いていて、若いスタッフたちの手本となっている。ずっと愛され続けている店には、世代や性別を超えたほのぼのと暖かい雰囲気が欠かせないのである。


店舗情報

●藤崎本店 福岡市早良区百道2-8-1 ☏092-844-3992
●天神店 福岡市中央区天神2-3-10-1階 ☏092-406-5659
●六本松店 福岡市中央区六本松2-6-9 ☏092-716-6157
●原店 福岡市早良区原5-2-7 ☏092-832-3711
●箱崎店 福岡市東区箱崎4-6-22 ☏092-643-8677
●大橋店 福岡市南区向野2-16-1 ☏092-557-4411
●佐世保店 佐世保市上本山町808-2 ☏0956-49-8859
●ハワイ店 902 keeaumoku St.Honolulu Hawaii 96814


※この記事は、シティ情報ふくおかの『美味本2021』より抜粋して掲載しています。
福岡の街の情報盛りだくさん「ふくおかナビ」

トレンドワード

RKB SNS公式アカウント