こってり派も納得!にんにく香る王道の味

先代から受け継いだこだわりの一杯に込めて

宮地嶽神社に程近い、495号線沿いにある福津市の人気店。創業20年目を迎えた現在は、亡き先代の元で働いていた中村保志さんが3代目として店を切り盛りする。創業時から変わらない「ラーメンへの愛情と真摯な姿勢」は、スープを一口すすれば言うまでもないこと。豚骨の下処理に手を抜かず、煮出すときは弱火でじっくり、丁寧に、を13時間繰り返してこそ生み出される、優しく、奥深い味わいが、楽亭の真髄だ。手間暇かけただけあって、豚骨特有の臭みは一切なし。むしろ、豚骨が苦手な人でも好んで食べられそうなほど、適度なとろみが心地よく喉元を通り過ぎていく。


濁りのすくない、こだわりのスープから味わって

そのスープを、なんと5種類のラーメンに応用、さらに材料や製法の異なる元ダレを複数用意し、異なる味わいに仕上げている。一番人気の「楽亭ラーメン」は、生にんにくのすりおろしがアクセントのこってり系。しつこさはないので、年配の方や女性、子どものファンも多い。「昔系あっさりラーメン」は、9種類の野菜から出汁を取った元ダレを使用。「豚骨が苦手...」という人でも一杯いける。


【楽亭ラーメン 650円】にんにくの香りが食欲を加速させる、人気ナンバーワンラーメン。コクはあるが脂っこくないので、スープを最後まで飲み干す人がほとんど。終盤または2杯目は、自家製辛子高菜のトッピングでパンチを効かせてどうぞ

その他、リピーター続出の「辛練りラーメン(あっさり・こってり)」、みそのコクにはまる「味噌とんこつラーメン」と、バラエティ豊かにラインナップ。

唐辛子を練り込んだ麺×辛みそスープのダブル刺激に、ハマる人続出。「辛縛りラーメン」はあっさりが750円、こってりが780円

店を継いで5年目の中村さんは「研究熱心で料理上手だった大将から受け継いだ味を、もっと多くの人に食べてもらいたい一心です。最近は新たな常連さんも増えて、嬉しいですね」と、初心を忘れずラーメンと向き合っている。味以外に、もう一つ特筆すべきは、店の厨房がいつ訪れてもピカピカに磨かれていること。「これも大将からの教えです。キレイな厨房でしか、うまいラーメンは生まれませんから」。


【昔系あっさりラーメン 630円】9種類の野菜と肉から4時間かけて出汁をとり、こだわりの元ダレが味の決め手。煮玉子(120円)やチャーシュー(3枚200円)を贅沢にトッピングしても1000円以下という安さも嬉しい


パラパラのチャーハンは、半チャンセット(+200円)でプラスするのがお得


店内で手包みしている「一口ぎょうざ」(8個330円)は、自家製の味噌ダレでいただく


店舗情報

        
店名らーめん 楽亭
住所福岡県福津市中央5-29-2
電話番号0940-38-4310
営業時間11:00~15:30/17:30~21:00
定休日不定
座席数テーブル10席、カウンター8席
駐車場5台
カード不可

※この記事は、シティ情報ふくおかの『麺本2020』より抜粋して掲載しています。
福岡の街の情報盛りだくさん「ふくおかナビ」

トレンドワード

RKB SNS公式アカウント