"焼き""茹で"さらに"麺" 極上ワンタンを思う存分。

屋台時代から愛され続け65年
中華メニューも、安うまっ!

ワンタンは漢字で「雲吞」と書く。チュルリと口に飛び込みまさに"雲"を"呑む"ような食感。そして、肉の旨味が広がる"口福"を皆も思い浮かべるだろう。長浜公園そばにある「呉朝明」は、代表的なワンタンメンだけでなく、つまみに最適な"茹で"、さらにオリジナルの"焼き"でも絶品ワンタンが楽しめる麺酒場。昭和30年に渡辺通の屋台から始まり、約25年前路面店へ。父から継承した2代目・藤田博志さんが暖簾を守っている。ワンタンと肩を並べ人気のラーメンは、豚頭を使わずにゲンコツオンリーがこだわり。大量の骨を投入し、髄から旨味を抽出する。芳醇な香りと幾重にも広がるコク。丁寧に下処理、アク抜きをしているため臭みがなく、シメにもサラリといける濃度に仕上げてある。ワンタンをつまみに一杯、またラーメンだけ啜りに行くのもOK。作り手も食べ手も世代を越えて。福岡ラーメン酒場の先駆け「呉朝明」には帰りたくなる味がある。



バンバンジー(605円)。特製ゴマソースを絡める


麻婆豆腐(770円)。しつこ過ぎずちょうど良い濃さ。後味で辛さがジワリとくる


ラーメン(605円)。1日約40杯の限定。大判の豚バラチャーシューも美味しい

店舗情報

        
店名ラーメン居酒屋 呉朝明
住所福岡市中央区舞鶴1-6-12
電話番号092-722-5260
営業時間18:00~OS24:00
定休日日曜
座席数32席
駐車場なし
カード

※この記事は、シティ情報ふくおかの『美味本2021』より抜粋して掲載しています。
福岡の街の情報盛りだくさん「ふくおかナビ」

トレンドワード

RKB SNS公式アカウント