美しい未来の希望をこのひと皿の中に

料理の向こうに見える
世界に思いを馳せながら

2012年、フランス・パリで開いた店が、わずか1年3カ月でミシュランの1つ星を獲得。世界から注目を集めた吉武広樹シェフが2018年に日本に凱旋し、福岡の港湾エリア・ベイサイドプレイス博多に新拠点を構えるというニュースは、食にまつわる人々に驚きと喜びを持って迎えられた。「福岡在住の方からも、『非日常を感じられる』と。味わうだけでなく、その"時"をいかに楽しんでいただけるかを重視しているので、喜んでいただけて嬉しいです」。


店の外のデッキではハーブなどを栽培

そんな吉武シェフがテーブルに送り出す料理は、坂井宏行シェフ率いる『ラ・ロシェル』で得た学び、その後1年に渡る世界放浪の旅での感動、そして自身の店を持ったシンガポールやパリで追求した独創性が確かな技術によって表現されたものばかりだ。メニューにはあえて食材名だけを記し、まるでアートのように受け取る側の想像力を掻き立て、ピュアな気持ちで料理に向き合わせてくれるのが魅力。サービスを担当するスタッフのリラックスした接客も、ひとときを鮮やかに彩ってくれる。



アミューズブーシュは『いくら』『チーズタルト』『蛸』『鮑と茄子』


『マンゴー』とだけ記載されていたデセールはこの様なスタイルで

こうして、すでに揺るぎない場所を作り上げた吉武シェフが今、関心を寄せ、取り組んでいるのが職を通してより良い未来を創造することだ。例えば、豪雨被害を受けた福岡・朝倉の倒木を引き取って薪として活用する、普段なら処分される運命の名もなき魚を、自らの手で逸品に変化させる...。シェフ曰く、「日々この海、自然を目の当たりにしていると、敏感にならざるを得ないんです」。

一人ひとりの席に添えられているメニューにまた、「自分たちに出来る事を自分たちの表現で、この海を通して世界の空へ」というメッセージも綴られている。友人、家族、職場の仲間と、食事をしながら少しだけ、世界や未来について語り合いたくなるレストランだ。


設計は、福岡・東京を拠点に活躍する空間・プロダクトデザイナー、二俣公一氏が担当

店舗情報

          
店名Restaurant Sola(レストラン ソラ)
住所福岡市博多区築港本町13-6 ベイサイドプレイス博多C館2階
電話番号092-409-0830
営業時間18:00~OS20:00
定休日日曜
座席数34席
駐車場共用あり(サービスあり)
カード
HPhttps://sola-factory.com/

※この記事は、シティ情報ふくおかの『美味本2021』より抜粋して掲載しています。
福岡の街の情報盛りだくさん「ふくおかナビ」

トレンドワード

RKB SNS公式アカウント