旬に込めた職人の手技と繊細なおもてなしに酔いしれる贅沢

野菜の旨味と存在感に
舌鼓を打つ懐石料理

都心にありながら喧噪から離れ、大切な人や気の合う仲間と心穏やかに美食を味わいたい。そんな大人の願いを叶えてくれる、とっておきの店がある。それは、『まな板の上の旬ぽぽぽん』。薬院六ッ角から1本入った静かな路地に暖簾を掲げる和食料理店だ。2011年のオープン以来、"おもてなしの店"として評判を集める。


調理の様子を間近で見られるカウンター席は、同店の隠れた特等席。鮮やかな職人の手技にほれぼれと見入ってしまい、思わずお酒が進みそう

店内には和風庭園に臨む個室をはじめ、茶室を模した個室やライブ感あふれるカウンター席が用意され、落ち着いた和モダンの雰囲気が漂う。


6名まで利用できる個室『秋桜』。小さな池や雪見灯籠が配された中庭に面する。花の名前が付けられた個室は全8室

侘び寂びを感じながら愉しむのは、糸島産の旬野菜を中心に構成した懐石料理のコース。海と山に囲まれて育った糸島野菜は色が濃く、旨味が強いと定評がある。


6500円の懐石コースの一例。先付、前菜から始まり、お造り、椀物、焼物、天ぷらといった見た目にも美しい料理を堪能。内容は品数は、季節やその日の仕入れ、お客の好みによって変更


藁焼きで香ばしく燻された皮と、引き締まった身が絶品の『本鰹の藁焼き』。傍らには、ベビーリーフやマイクロ赤しそ、水菜といった糸島野菜も

その特徴を引き出すべく、種類ごとに火の通し方やダシを変えて、主役級の味に仕上げてゆく。まず、この珠玉の味を彩り豊かな野菜で盛りつける『前菜』で堪能してほしい。

脇を固める食材にも一切の抜かりはない。朝倉産の古処鶏(こしょどり)や阿蘇の赤牛、地元・長浜直送の鮮魚といった九州産の厳選素材が、料理の数々に華を添える。佐賀県産「さがびより」といったブランド米を土鍋で炊き上げ、出来立てを供することもこだわり。季節によっては炊き込みご飯になることもあるという。

コースは季節を感じる月変わりの懐石料理をはじめ、お昼限定のランチ懐石や、河豚料理、すっぽん料理も用意する。お子様の誕生を祝う『お食い初め膳』や、お祝いごとを演出する『祝い鯛造り』といった人生の節目を彩るメニューも。


旬のものだけでなく走りや名残の野菜を使い、四季のうつろいを感じさせてくれる

有田、伊万里、波佐見などの名釜で焼かれた器も揃い、目と舌を喜ばせてくれる。「旬の料理に舌鼓を打つ」を由来とする店名の通り、野菜の美味しさと繊細なホスピタリティに感動しきりだ。

店舗情報

          
店名まな板の上の旬 ぽぽぽん
住所福岡市中央区薬院2-14-29 1階
電話番号092-717-5646
営業時間12:00~15:00(OS14:00)/17:00~22:30(OS21:30)
定休日不定
座席数カウンター6席、個室(半個室)8部屋
駐車場なし
カード
HPhttp://popopon.jp/

※この記事は、シティ情報ふくおかの『美味本2021』より抜粋して掲載しています。
福岡の街の情報盛りだくさん「ふくおかナビ」

トレンドワード

RKB SNS公式アカウント