そんなお前に『I "ラム"YOU』。ほとばしるラム愛とスパイスが中華鍋で踊っていた!

"好き"による引力ってあると思いませんか?
カレーが好き。ラムが好き。そんな探偵の心の叫びに呼応する様に、また忘れられない一皿に遭遇してしまいました。

西新商店街のメイン通りから明治通り側に一本入った所にある『ぱんだのゴハン』。ホテルシーホークで中華の修行を積んだ一流シェフ・一村さんによる絶品中華惣菜がリーズナブルに楽しめるお店ですが(イートインも可)、そのランチで出しているカレーが今回の主役。

麻辣ラム肉カレー。どうですか?もう名前からして"ぞっこんラム"でしょう?

ジューシーなラムカツがドドンと5つもご鎮座、それを受け止めるカレーの中にもたっぷりの粗挽きラムが入っています。

Still0901_00002.jpg

特筆すべきは『麻辣(マーラー)』。スプーンで口に入れた瞬間、高温の中華鍋で炒められたキューブ状の野菜や枝豆の食感・甘さを感じたかと思うと、直ぐに麻(=ピリピリとした山椒類の風味)が広がり、後からジワッと辣(唐辛子による辛味)が押し寄せて来ます。その様はもはや大陸の空を翔ける二匹の龍!螺旋状に絡み合う双龍のごとく鮮烈なパンチがラムの旨味を巻き込み身体を駆け巡るんです。

いやしかし香りがいい。聞けば数種類使っている山椒のうち花椒(ホアジャオ=中国の山椒)を使う前に事前に炒るのがミソなんだそう。さすが!

ラムカツも凄い存在感。下味に使っているバジルの爽快さによってクセが最小限に抑えられ、且つならではの風味がより華やかなものになっています。レアの瑞々しさがもう堪らない!肉汁がソースとなり、カレーと絡めて食べると味に更なる奥行きを与えてくれます。

世界中で見ても様々な食材と手をつなげる懐の深い中華料理、他の食材をメインで使用する事もできたでしょうが、なぜラムなの?

答え:好きだから!!

それ以外に理由は必要ないですよね。その溢れんばかりの愛を食材と調味料に纏わせここまで個性的で味わい深い一皿に昇華させられるのは一流の腕があってこそ。

『自信はあります!』と断言する力強い眼差しにも納得です!

お洒落なカフェ風でとっても入りやすく、西南の学生さんからママ達、ご近所のお年寄りまで老若男女から愛されています。元はパン屋だったという吹き抜けの店内もエキゾチックで素敵!

ラム×中華×スパイス。三位一体、いやそれ以上の相乗効果を感じられる一皿、その多幸感に残暑も吹き飛ぶ事間違いなしですッ!!

店舗情報

店名 ぱんだのゴハン
住所 福岡市早良区西新5-1-22
電話番号 092-287-5991
営業時間 デリバリー 10:30〜19:00
ランチ 10:30〜14:00
レストラン 14:00〜20:00(要予約)
※新型コロナの影響で変更の可能性あり
店休日 不定休

カレー探偵たける シリーズ

94eccf1e56a5adb8dff6e5eb9d5f81ca340be50e.jpg
絆とスパイスが再会への道標。探偵史上No.1人情カレーを八女で発見!

【調査報告】レトロな居酒屋カウンターの奥では職人のこだわりとスパイスが爆発していた!

あの老舗の味を求めて辿り着いたのは、伝統とオリジナリティが調和した全く新しいカレーだった!

北海道と糸島の出会いが産んだ皿上カレーフェスは"最幸"だった!?
≫ もっと見る


ライタープロフィール:たける(スパイス香辛料ソムリエ)
Instagram:@take_yan78
年間1000皿以上のカレーを食べ歩くカレータレント。自らも店を開くほどカレーの虜になっている。

【出演情報】
d65a6000b813d7f9d0366c36f5c4ab5d-2.jpg
takeru.jpg

RKBテレビまちプリ 10:25~11:30放送(月・水・木・金曜 担当)
※ カレー探偵は木曜日放送
住みたいまちランキングで上位にランクインする「福岡」そんな「まち」の魅力を視聴者と共に感じていくワイド番組。福岡という「まち」を感じ、「まち」に感謝する普段暮らしていたら見逃しがちな「これって面白い!」「これって素敵!」なものをお届け!最新のニュースにホークス情報も個性あふれるコメンテーターと共に福岡をもっと好きになる1時間!

トレンドワード

RKB SNS公式アカウント