一日に摂取すべきたんぱく質は60g?コロナ禍でのちょい足しプロテイン

プロテインと聞くと、何を想像しますか?
「飲むと太る?」、「筋肉がムキムキになる」、「身長が伸びなくなる?」、「美味しくない」と想像する方も多いのではないでしょうか。コロナ禍で運動不足や健康意識の高まりで、ニーズが拡大している今だからこそ、しっかりとプロテインの働きや、自分に合った正しい選び方について考えていきたいと思います。

プロテインとは

プロテイン(protein)は英語で、日本語で言うと、たんぱく質ということは皆さんご存知かと思います。私たち人間のカラダの約6分の1はたんぱく質で構成されており、筋肉・血液・皮膚・髪・骨・内臓などが挙げられます。

しかし、近年日本人はダイエット志向の高まりによって、栄養摂取状況が偏り、たんぱく質摂取量が戦後水準にまで下がってきています。

どのくらい摂ればいいの?

全ての人に必要なたんぱく質ですが、1日どのくらい摂ればよいのでしょうか。
日本人の食事摂取基準では、18歳以上の男性で60g、女性で50gが推奨量と定義されています。自分に必要な量の計算方法は、一般の方で体重1㎏あたり1g、スポーツ選手で体重1㎏あたり2gが1日に必要な量です。

いかがですか?皆さん、必要量が分かっても、どんな食品にどのくらいたんぱく質が含まれていて、実際に自分がどれくらい食べたら良いのかピンとこないですよね。 こちらをご覧ください。

image2.jpeg

一般の方で体重60㎏の方に摂っていただきたい1日のたんぱく質量です。いかがでしょうか。このくらい1日に摂れていそうですか?


食事だけで摂るのは大変!

スポーツ選手はもちろん、一般の方でも普段の食事でたんぱく質量を確保するには、とてもたくさん食べないといけませんが、ステイホーム・テレワーク続く体は体脂肪率の増加が心配ですよね。たんぱく質を多く含む食品は、脂質も多く含むのも多いです。


オススメは"CLEVERプロテイン"

image3.jpeg

オススメポイントとしては、脂質・コレステロール・炭水化物・糖類を抑えた純度の高い希少なプロテインで、100%WPI配合といった、フィルタリングを積み重ね、たんぱく質のみを極限まで濃縮されている点です。また、筋肉合成促進に効果が期待できるBCAAを豊富に含むため、本気で減量したい方、置き換えダイエットしたい方、健康的な体をつくりたい方、何より効率よくたんぱく質を摂取したい方へ、私たち管理栄養士が本気でオススメします!更に、乳糖などの不純物を取り除いてありますので、乳糖不耐症の方も安心してご利用いただけます。

お水で溶かしても非常に美味しいです!(実際に飲みましたが、プロテイン特有の粉っぽさも無く、牛乳で溶かしたようなコクが有りとても美味しかったです!)少しでも気になった方は、大賀薬局(化粧品専門店を除く)でお取り扱いしておりますので、是非店頭スタッフにお声掛けくださいね。



logo.jpg

大賀薬局
創業、明治35年(西暦1902年) 、福岡市博多区に本社を置き、ドラッグストア、調剤薬局などを展開する・・・
福岡のドラッグストア、調剤薬局 大賀薬局
コラム~大賀薬局の人~
大賀薬局では健康に関する様々なコラムを展開しています。

トレンドワード

RKB SNS公式アカウント