『よく嚙む』は、健康を守る一生モノのプレゼント!

育児にも超おすすめの「よく噛む」

今回は「よく噛む」ことについてです。
特に小さなお子さんのいるご両親には、是非知っておいていただきたい「よく噛む」ことでこんなにいいことがあるお話しを紹介します。

image1.jpg

そもそも「よく噛む」とは、どんなメリットがあるのでしょう?

現代人は、食事にかける時間が減ったといわれています。また、固く食べずらいものよりやわらかい食べ物を好むようになったことなどから、噛む回数が激減しているといわれています。

その結果、虫歯ができやすくなる、歯並びが悪くなるなどの悪影響が出てしまいます。

[よく噛むことの6つのメリット]

そこで「よく噛む」とはどのようなメリットがあるのか、改めて考えてみましょう。

1.「よく噛む」→食物の消化をしやすくなります

image2.jpg

お口は第一の消化器官です。よく噛まずに食べ物を飲み込むと唾液からの消化酵素が充分に働かないため、他の消化器官に負担がかかってしまいます。

「よく噛む」ことで食べた物を嚥下しやすくなります。また、噛むことによって反射的に唾液や消化液の分泌量が増し、食べた物が胃の中で消化されやすくなります。

2. 「よく噛む」→食物に混ざっている異物を発見できます

image3.jpg

口の前部、唇、舌先の感覚は人間の様々な器官の中でも特に敏感な箇所です。食べ物を「よく噛む」ことにより、飲み込んでしまう前に食べ物に混入した異物を発見することができます。

3. 「よく噛む」→口腔内の自浄作用が働きます

image4.jpg

「よく噛む」ことで歯に付着した食べ物のかすなどが取り除かれます。また口腔内の各組織は代謝が亢進し、細菌の繁殖を抑制するので口の中を清潔に保てます。

4. よく噛むと→顎や口腔組織の正常な発達に役立ちます

image5.jpg

「よく噛む」ことにより、咀嚼(そしゃく)器官の正常な発達が促進されます。(咀嚼とは、食物を歯で咬み粉砕すること)特に小児は、噛む習慣をつけることにより脳の発育の活性化や口や顎の正常な発育を促します。

5. 「よく噛む」→脳内の血液量の増加、覚醒効果、リラックス効果を上げます

image6.jpg

「よく噛む」ことは、歯を丈夫にするだけでなく、肥満、認知症、視力低下、姿勢悪化、虫歯などを予防し、内臓の働きを助け大脳の働きを活発にし精神を安定させる効果があります。

6. 「よく噛む」→食べることの満足感や喜びが得られる

image7.jpg

地球上のすべての生物は、食べることをやめるわけにはいきません。そして人間は、食べることに格段の喜びを見出してきた生き物です。好きなものを食べる喜び、気の合う仲間や家族と楽しく食事をする喜び、食べる喜びに「よく噛む」ことをほんの少し付け加えるだけで健康生活を維持できるのです。

image8.jpg

子どもによく噛むことを習慣化させましょう

「よく噛む」ことを子どもに覚えさせるには、乳歯が生えそろう2~3歳は、リンゴ、柿などの果物、4歳頃からはゴボウ、レンコン、たくあんなどに挑戦するとよいと思います。

「よく嚙む」習慣は、子どもの将来の健康を守る一生モノのプレゼントです。

一口食べ物を口に入れたら、手をたたきながら30回、楽しく数を数えるなどして、ゲーム感覚でよく噛むことの大切さを一緒に学べるといいですね!



logo.jpg

大賀薬局
創業、明治35年(西暦1902年) 、福岡市博多区に本社を置き、ドラッグストア、調剤薬局などを展開する・・・
福岡のドラッグストア、調剤薬局 大賀薬局
コラム~大賀薬局の人~
大賀薬局では健康に関する様々なコラムを展開しています。

トレンドワード

RKB SNS公式アカウント