コロナ禍で移住者急増「福岡移住計画」とは!?

izyuu1.jpg
izyuu3.jpg

全国的に、このコロナ禍で生活や働き方を見直し、東京など大都市圏から地方へ移住する人が増えています。
実は福岡県でも増加傾向で、県の専用窓口には今年4月から10月にかけて移住に関する相談が2358件。これは前年に比べてなんと1.5倍!
そして移住希望者の間で注目されているのが「福岡移住計画」のプロジェクト。移住希望者がはじめての土地で安心して暮らせるための支援プロジェクトです。


izyuu2.jpg
izyuu4.jpg
izyuu5.jpg
izyuu6.jpg
izyuu7.jpg

福岡市西区にある「スマートデザインアソシエーション」は移住者をサポートする企業。 代表取締役の須賀大介さん自身も8年前に東京から移住してきた移住者で、その経験を生かして移住者支援事業を始めました。
「スマートデザインアソシエーション」が運営するシェアオフィスでは、地元の人はもちろん移住者や県外からの出張で利用する人も多く、移住希望者からの相談を受けることもあり、これまで支援した移住者は300人にものぼるそうです。
またシェアオフィスには、今年から板張りのフロアも新設し、県外から訪れる団体客の対応にも力を入れていて、この場所を使って東京の企業などがワークショップや2泊3日の合宿を行っています。
その他にも地元の空き家を有効活用して、移住体験ができる「お試し住宅」も6棟運営しています。このコロナ禍では1週間から1か月といった長期で利用し、移住のための情報収集のために利用する人も増えているそうです。移住希望者の仕事の面や教育など越えなければいけないハードルが多々あるので、サポートが必要なのです。


izyuu8.jpg
izyyuu12.jpg
izyuu9.jpg
izyuu10.jpg
izyuu11.jpg

空き家問題や地方の過疎化問題に少しでも自分の知見を活かすことができればと、4年前に夫婦で東京から移住してきた鎌苅さんは不動産部門を担当。"福岡移住計画"ホームページの不動産サイトには物件の細かな歴史やオーナーの思いまで、事細かに紹介した物件を掲載しています。
また"福岡移住計画"ホームページには様々な業種の求人情報も掲載。その実績から福岡市がすすめるITクリエイターのための移住、転職プロジェクト「福岡クリエイティブキャンプ」の運営もまかされています。

"福岡移住計画"はお試しで暮らしながら、様々なリサーチや物件、仕事まで紹介してくれるので移住希望者にとってはとても頼りになる存在!
「新型コロナや自然災害など、社会全体がものすごく変化しているこの時代を、"移住計画"を通して沢山の人に九州の魅力を発信して、色々な人が知恵を出し合ってみんなで支え合い乗り越えていければ」と須賀さんは話します。


◆スマートデザインアソシエーション/福岡市西区今宿(福岡移住計画を運営)
・お試し住宅 マンション1室貸し切りタイプ
3LDK(定員6人)1泊1人・・・6,000円
※Wi-Fi完備

2020年12月7日放送


tadaima_thumb.jpg
タダイマ!  毎週月~金曜 ごご3時40分

トレンドワード

RKB SNS公式アカウント