てのしごと|アナウンサーコラム

夕方の番組『タダイマ!』で、「てのしごと」という10分ほどのコーナーを担当しています。紹介するのは、手仕事にこだわる職人の方々。

母の実家は、亀の甲で作った伝統工芸品「鼈甲(べっこう)」を300年以上製造、販売していました。幼いころから工場で汗を流し作業する職人を、近くで見てきました。

1973年のワシントン条約で、原料である亀の甲が輸入できなくなったため、在庫でしのいできましたが、昨年6月に廃業しました。いつも見ていた当たり前だと思っていた光景がなくなり、心に穴が空いたような気分になりました。

それから日本で大切にされてきた伝統を絶やしたくない思いが強くなりました。

「てのしごと」を担当し、半年。博多織の糸を手染めする方、明治時代から守られてきた方法で水車を動力にお香を作る方など様々な職人の方......。職人の技を何代にも渡って、伝統を受け継いでいる方々もいますが、「存続が難しい」と語る方が多いです。

アナウンサーとして、そして伝統工芸が近くにある環境で育った身として、「てのしごと」を通して、伝統工芸の素晴らしさと現状を伝え、テレビを見ているみなさんに、興味や関心を持ってもらえるよう、リポートしていきたいです。

4月3土)毎日新聞掲載


be_colorful_thum.jpg

Be colorful. rkb 70th
70年間、放送局をつづけてきて、やっと気づいた。カラー放送をしてるだけじゃ、この世界の色は伝わらない。もっと、豊かな視点で。もっと、やわらかい心で。あなたの、あの人の、あらたしい当たり前を感じる。そんな私たちになりたい。さぁ、カラー放送から、カラフル放送へ。


honda_2.jpg

本田 奈也花
RKBアナウンサー。長崎県長崎市出身。

【担当番組】
テレビ:タダイマ! まちプリ RKBナビ 天神調査隊
ラジオ:ホークス&スポーツ おしゃべり本棚

トレンドワード

RKB SNS公式アカウント