ヨガも"スマート(IoT)"の時代!次世代マットでリモートレッスン

在宅勤務の平常化や外出自粛に伴い、おうち時間が増え、健康促進サービスのニーズが増加するなか、ヨガを始めたという人方も多いのではないでしょうか。最近では、オンラインレッスンも増えていますが、正しい姿勢を取れているのかと不安になったり、ヨガによって逆に体を痛めてしまったりする人も多いようです。

そんな中、効率的に安心してヨガを楽しめるようにと、最先端テクノロジー(IoT)を搭載した製品を開発中です。
タブレットなどの専用アプリと連動し、自分自身の重心がリアルタイムで画像解析されるヨガマット「yoctoMat(ヨクトマット)」です。一見、普通のヨガマットですが、内部には布状の重圧センサーが搭載されています。
このヨガマットを使うことで、インストラクターと生徒自身が、重心の偏りなどを実際に映像として見て、正しい姿勢を取ることができるようになるのです。魔法のじゅうたんならぬ、魔法のヨガマットですね。

IMG_0172.JPG
210603.jpg

このヨガマットを開発しているヨクト株式会社の代表取締役・河野敬文さんはヨガ歴10年。
ヨガのインストラクターでもある河野さんは元々、IT業界でプログラマーとして勤務した経歴を持ち、長時間のデスクワークで、腰を痛めたことをきっかけにヨガに出会いました。
わずか一畳分のスペースでさまざまなポーズを取り、普段とは違う角度から世界を見ることで、体と心を整えることができるヨガに魅了され、次第に人にも教えるようになったそうです。

ヨガインストラクターとプログラマーとしてのご自身の経験を活かして開発中のyoctoMatは、年内にヨガ教室向けに発売を開始する予定で、来年には一般のユーザー向けの販売を目指しているということです。

IMG_6536.JPG
IMG_3183.JPG

RKBの対談番組「池尻和佳子のトコワカ」に出演し、開発秘話や苦労話を語ってくれた河野さんですが、今回はいつもとは違い、実際にヨガレッスンをしながらの対談となりました。
次世代のヨガマットを活用した「最先端のおうち時間」とは?この模様は6月19日(土)6時15分から「池尻和佳子のトコワカ」でお伝えします。ぜひご覧ください。

「池尻和佳子のトコワカ」番組HP:https://rkb.jp/tv/tokowaka/
ヨクト株式会社 HP:https://yocto-life.co.jp/


福岡スタートアップ 関連記事


スマホでらくらく注文! スクールランチのデリバリーサービスが始動!

福岡のまちに電動キックボードのシェアリングサービスが上陸!
≫ もっと見る


池尻和佳子のトコワカ 土曜 6:15
RKBアナウンサーである池尻和佳子が、各地で活躍する起業家、アーティスト、経済界の方々など様々な分野の方々をスタジオに招き、熱いトークセッションをおこないます。「TOKOWAKA=常若(トコワカ)」というタイトルは、日本古来の言葉である「ヤマトコトバ」で循環を意味します。このトークセッションが皆様の心の中で循環され、活気あるより良い世の中になることを目指します!(←大きすぎ!笑)

トレンドワード

RKB SNS公式アカウント