くばら だんだんアートの世界展 2020 オンラインでの展示会を開催

例年3月に福岡県立美術館で展示会を行ってきた だんだんアートプロジェクト「くばら だんだんアートの世界展」。昨年実施された「くばら だんだんアートの世界展2020」では、新型コロナウィルスの影響により、美術館での展示会が中止となりました。しかし、プロジェクトメンバーの『いま出来る事を』という熱い思いから、WEB上での展示会を開催することが決定し、2020年12月25日(金)から特設サイトでの公開が始まっています。サイト内では作者名や、作者が利用している施設名で、作品を検索することが可能です。

多様性のある社会実現に向けた取り組み 「だんだんアートプロジェクト」

「だんだんアートプロジェクト」は、絵画を通して、障がいのある方々の社会参加のきっかけを作ることを目的としたプロジェクトです。障がいがありながらも素晴らしいアートの才能を持つ方々の可能性を広げるために、福岡県内を中心に作品を募集し、入賞作品は主催企業の一社である(株)久原本家グループ本社の商品段ボールや福岡市内を走るラッピングバスのデザインとして採用されています。

04.jpg

【参考:過去入賞作品】 左:商品段ボール 右:ラッピングバス

また、採用作品には企業からデザイン利用料を支払うことで、障がいのある方の経済活動への参加に寄与するという循環型のプロジェクトでもあります。

応募作品を展示 今年は 756 作品 「くばら だんだんアートの世界展 2020」

これまで毎年、だんだんアートプロジェクトへの応募作品はすべて福岡県立美術館に展示し、来場者の方に障がい者のアートに触れてさまざまな可能性を感じたり、多様性を受け入れる地域社会について考えたりするきっかけを与えてきました。
2020 年は、「一緒に食べよう~ボク・ワタシの夢のお弁当~」をテーマとし、756 作品の応募があり、そのすべてを下記URLに公開しています。

くばらだんだんアートの世界展


だんだんアートプロジェクト「くばら だんだんアートの世界展」
主催:一般社団法人だんだんボックス、株式会社久原本家グループ本社

一般社団法人 だんだんボックス
だんだんボックスは、障がいがありながらも素晴らしい絵の才能を持つアーティストたちの作品です。だんだんボックスは「ありがとう」の気持ちを込めて作られています。
公式WEBサイト

株式会社 久原本家グループ本社
総合調味料メーカー 株式会社久原本家ホームページ。
公式WEBサイト

トレンドワード

RKB SNS公式アカウント