KOSOのファイティングスピリッツ!

KOSOのファイティングスピリッツ!

終了番組

番組概要

元classメンバーで、今現役として事業活動を行いながらシンガーとしても活動する「KOSO」。

その生き様から、周りには沢山の優れた人達が集っています。
エンタメ・スポーツ・政治・事業家・医療etc・・・

KOSOと各界の現役指導者(または現役プレイヤー)との会話から沢山のヒントが生まれます。音楽を中心にしながらこの日本に前向きなエネルギーを発信する番組。それが「KOSOのファイティングスピリッツ!」です。

コーナー紹介

①「ゲストトークコーナー」

マンスリーゲストとして毎月1名(1組)のゲストをスタジオをにお呼びしてトークを展開します。KOSOの幅広い人脈で、スタジオにやってくるゲストは実に多彩!!
普段は聞けないようなぶっちゃけトークや赤裸々トークをKOSOが豪快に引き出していきます!この番組でしか聞けないココだけトークをぜひお楽しみに!!!

②「KOSOっとワインの良い話」

ワインソムリエSAYOさんをコーナーアシスタントとしてお招きし、自らレストランも経営するKOSO自身が持つワインとその知識、 また、ゲストのワインに対する思い等のトークを展開します。
日曜の夜に美味しい夢を見られますように・・・。

SAYO

出演者

KOSO
■プロフィール
本名:岡崎公聡 1960年生れ 北海道出身。 2008年、「夏の日の1993」で知られるclassの故津久井克之氏の音楽性に共感し、同メンバーに加入。
同年12月にはclassとして、「夏の日の1993」のアンサーソングとして制作された「冬の日の2009」がヒットを果たす。CXのミュージックフェアなど数々の音楽番組に出演。翌2009年には、16年前にリリースし大ヒットを記録した「夏の日の1993」から16年と1日にちなみ、オリジナルアルバム「十六年と一日」を4月22日にリリース。しかし同年、津久井氏が急逝した事によりclassは永久活動停止となる。
2010年、同郷の学校の先輩でもあるギタープレイヤーの今剛らと共にロックバンド「Battle Cry」を結成しヴォーカルを担当。Battle Cry Soundスタジオにて数々の作品を作り上げる。自身でも作詞作曲を担当し、ライブハウスなどを中心に精力的に活動するも、CDのリリースはなくDVDのみの公開だった。
2013年にはclassの大ヒット曲「夏の日の1993」ヒットから20周年を記念して1993年のヒット曲にスポットを当て、「夏の日の1993」を始めとする名曲をカヴァーしたアルバム「1933」を「ko with Battle Cry」としてリリース。
2020年、自身の還暦を機にソロ再デビュー。「KOSO」として活動を再開する。

9月マンスリーゲスト

近田春夫さん
■プロフィール
【BIOGRAPHY】
1951年2月25日東京都生まれ。
3歳からピアノのレッスンを受けて育つ
高校在学時に音楽活動を開始。
1970年~1971年 ロックバンド『ロック・パイロット』『羅生門』に参加。
1972年 元村八分の初代ドラマー恒田善見らと『ハルヲフォン』を結成。『内田祐也の1815ロックンロールバンド』に参加。
1975年 『ハルヲフォン』デビュー。『谷啓とスーパーマーケット』に参加。
1977年10月『近田春夫のオールナイトニッポン』放送開始。
1978年 雑誌『POPEYE』で連載コラム「THE 歌謡曲」を開始。シングル『ロキシーの夜』でソロデビュー。同シングルのカップリング曲「闇にジャックナイフ」は近田春夫とハルヲフォン名義。このシングルのリリースを最後にハルヲフォンは解散。
1979年 『近田春夫とBEEF』結成。
1980年 『近田春夫とBEEF』から分離したBEEFは、近田春夫のプロデュースにより『ジューシィ・フルーツ』としてデビュー。
1980年 ザ・ベンチャーズのアルバム『カメレオン』に加藤和彦、坂本龍一、ヒカシュー等とともに参加。
1981年 窪田晴男、福岡ユタカらのバンド『人種熱』とともに『近田春夫&ビブラトーンズ』結成。
1983年 元ハルヲフォンの高木英一、元ピンナップスの野元貴子らと『ゲートボール』結成。
1986年 ヒップホップレーベル『BPM』設立。『President BPM』で活動。
1987年 JAGATARAのOTOらとともに『VIBRASTONE』結成。
1997年 『週刊文春』で「考えるヒット」連載開始。『Afromix』『SCSI-TR』『NO CHILL OUT』でも活動を開始。
数々のアルバムをコンスタントに発表。さまざまなイベントに精力的に参加。
2006年 『近田春夫&ハルヲフォン・リローデッド』名義で、ハルヲフォン再結成。
2010年 NHKラジオ『ロックンローラー近田春夫の歌謡曲って何だ?』放送開始。
2013年4月 京都精華大学にポピュラーカルチャー学部開設、教授に就任。
2017年 元ハルヲフォンの恒田義見・高木英一と『活躍中』結成。
2018年10月31日 近田春夫名義では38年ぶりのアルバム『超冗談だから』リリース。同年12月19日に近田春夫とOMBによる『LUNASUN』アルバム『Organ Heaven』をリリース。
2020年「オリパラ音頭」「コロナ三密音頭」
「PANDEMIC ~W HO is criminal ?~」リリース。2021年 東京オリンピックが延期されたことにより、2020年にリリースされた「オリパラ音頭」の歌詞を一部変更し、再録音した「オリパラ音頭 2021」をリリース。

音楽活動50周年、古希を迎えるにあたり、9月11日に新木場ageHaにて、イベント『B.P.M. Syndicate』開催予定。


イリアさん
■プロフィール
1980年「ジェニーはご機嫌ななめ」で鮮烈デビューを飾ったジューシィ・フルーツ。「恋はベンチシート」「そんなヒロシに騙されて」などシングル12枚、アルバム6枚を残し1984年に解散。その後、オリジナルメンバーであるイリア(g.vo)とトシ(dr.vo)に新メンバー、ジェフ(b.vo)アキシロ(g.vo)タカ(g.vo)を迎え復活。2018年に奇跡のニューアルバム[BITTERSWEET]をVictorより発表。全国で積極的にライブ活動を展開、新旧織り混ぜた楽曲で幅広い世代を楽しませている。その後、オリジナルメンバーであるイリア(g.vo)とトシ(dr.vo)に新メンバー、ジェフ(b.vo)アキシロ(g.vo)タカ(g.vo)を迎え復活。2018年に奇跡のニューアルバム[BITTERSWEET]を発表。全国で積極的にライブ活動を展開、新旧織り混ぜた楽曲で幅広い世代を楽しませている。