こども病院おはなし会

こども病院おはなし会

  • 公演日

    2018年6月12日(火)

  • 場所

    福岡市東区 こども病院 ひまわり学級

  • 参加アナウンサー

    本庄麻里子、井口謙、茅野正昌

180612こども病院~本庄-1E180612こども病院~井口-1E

今年度初めての朗読会。茅野アナウンサーの挨拶に続いて早速絵本の世界へ。
 
まずは『かえるくんにきをつけて。』
ゆうめいな?かえるくんが問題をだしていきますが・・・みんな答えがわかっているみたい?!どうやら、今日参加しているこどもたちはよく本を読んでいるようです。
 
次は、新人の井口アナウンサーが『すてきな三にんぐみ』を朗読。
井口アナウンサーもこどもの頃に読んでいた思い出の絵本だということですが、読んだことあるよ!という小学生が2人。他にはどんな本を読んでいるのかな?と尋ねると、「じゅげむじゅげむ、ごこうのすりきれ・・・」とスラスラ暗唱してくれた小学生も!スゴイね!!
 
続いては本庄アナウンサーが『かわいいめんどり』を朗読。
イギリスとタジクの民話から書かれた作品でかわいいめんどりと、そのめんどりを食べようと狙うキツネのお話。
おしまいに『こんなしっぽでなにするの?』
いろいろな動物の、鼻や耳やしっぽがその部分だけ描かれています。何の動物の鼻や耳やしっぽなのか、ページをめくるとわかる仕組みです。いったい何の動物だろう?
こどもたちは、真剣に絵本をみつめ、考えてくれました。
 
絵本の世界に入り込むと30分間はあっという間。みんなで楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました!

作品 作者
かえるくんにきをつけて。(偕成社) 五味太郎 作
すてきな三にんぐみ(偕成社) トミー・アンゲラー 作
今江祥智 訳
かわいいめんどり」(福音館書店) 木島始 作
羽根節子 絵
こんなしっぽでなにするの?(評論社) スティーブ・ジェンキンズ&ロビン・ペイジ 共作
佐藤見果夢 訳