その他

岡垣町から、戦争のない・核兵器のない 平和な世界を築こう ~戦争を語り継ぐ朗読会~

  • 公演日

    2013年8月4日(火)13時45分

  • 場所

    岡垣サンリーアイ・ハミングホール

  • 参加アナウンサー

    田畑竜介、安田瑞代、壽老麻衣、福田典子

02_l

今年で5回目となる「戦争を語り継ぐ朗読会」を岡垣町で開催しました。
今年は、児玉辰春さん作「伸ちゃんのさんりんしゃ」を朗読しました。戦時中、大好きな三輪車と一緒に亡くなった伸ちゃんのお話です。
岡垣町の12人の小学6年生は、長崎の原爆資料館や平和公園を見学したり、被爆体験者の方から体験談を聞いたりして、核兵器廃絶への理解を深めてきました。そして今回、イベント企画集団「さんりん舎」の山本徹会長の脚本・演出による劇「この地球(ほし)とともに~未来に向かう子どもたちへ~」を発表しました。
「核兵器のない平和な世界の実現」をお祈りいたします。

■第1部RKBアナウンサーによる朗読
 
「伸ちゃんのさんりんしゃ」 児玉辰春作 童心社
読み手 田畑竜介、安田瑞代、壽老麻衣、福田典子

02_l02_l
お話は、1991年8月の原爆資料館から始まりますナレーションの 安田瑞代アナウンサー
02_l02_l
祖父・信男役の田畑竜介アナウンサー信男の孫・たくや・よしえ役の壽老麻衣アナウンサー
02_l02_l
祖父の息子 伸一役の福田典子アナウンサー原爆資料館にある赤錆びた三輪車の映像です

■第2部 岡垣町の小学生12人による発表
 
「この地球(ほし)とともに~未来に向かう子どもたちへ~」
作・脚本・演出:山本 徹
挿入歌「この地球(ほし)とともに~未来に向かう子どもたちへ~」
作詞:山本 徹 作曲:川頭 幸子
協力:岡垣ふれあい文化塾「さんりん舎」
山本徹、木村和美、加来敏恵、川頭幸子、小山千紘、佐藤文信、白井誠治、服部治之、広渡英一、二又妙子、本田由記、溝田敦子、宮本新一

02_l02_l
平和の大切さを訴える劇で小学生が演じた12人の妖精演劇を通して自分の意見もしっかりと伝えました

■第3部 みんなで一緒に歌いましょう!!(エレクトーン:本田 由記)
 
①世界がひとつになるまで 作詞:松井 五郎 作曲:馬飼野 康二
②この星に生まれて 作詞・作曲:杉本 竜一
③ふるさと 作詞:高野 辰之 作曲:岡野 貞一

02_l
最後はみんなで合唱です

手話通訳:岡垣手話の会  撮影:中村剛、小島康史