4月27日放送
2秒で甘さ測ります
スーパーなどの果物売り場で最近よく目にするようになったのが「糖度」
消費者にとっては果物を選ぶのに便利な数字です。けれど、実は農家にとっては悩ましいもの。なぜなら糖度を測るにはその果物の果汁が必要。『一番いい果実の糖度を測りたい。けれど測ればその果物は売れない』そのジレンマを一気に解決したのが「非破壊糖度計」。傷つけずに果物を機械に乗せるだけではかれるというものでした。
ありがたい機械ができたものの、ここでも問題が。非破壊糖度計は、数千万円から安いものでも車一台分というのが常識。個人の農家だと躊躇する金額です。そこに目をつけたのが佐世保で精密機械を作っている会社「メカトロニクス」。長崎県工業技術センターが特許を持つ、革新的な糖度の測定方法を使い、20万円を切る非破壊糖度計を開発しました。今マンゴーやりんご、桃の農家など販売実績は300台以上。全国の農家から毎日のように問い合わせが来ています。

株式会社メカトロニクス
代表取締役:立石 賢二
所在地
〒857-0134 長崎県佐世保市 瀬戸越4丁目4番26号
電 話:0956-40-7802(代表)
FAX:0956-40-7803
その他の情報
ホームページ
http://mechatronics.co.jp/index.html?ver=121001
製 品:N-1非破壊糖度計 180,000円(税込み 194,400円)