1月11日放送
世界一“薄い”救急絆創膏
世界一“薄い”救急絆創膏「フレックスケア」を製造・販売しているリバテープ製薬(熊本市)。貼っても“目立たない絆創膏”の薄さは7ミクロン(=0.007ミリ)。衣料用素材に使用されていた防水透湿ポリウレタンのフィルムを利用し、通常の絆創膏に比べ装着感が少ない。指先仕事の人や、目立たない絆創膏を求める人向けに開発された商品だ。開発チームは、そのリニューアルを手掛けた。
薄い絆創膏は、フィルムの薄さゆえに、指先に貼るのが難しい。そのため、これまでの商品は指を巻き込まない“短い絆創膏”だった。
今回のリニューアルの目的は“指を巻き込む”絆創膏の開発。7ミクロンというフィルムの特性上、“指を巻き込む”ためには、貼り方を変更する必要があった。開発チームが追求したのは、7ミクロンのテープをはるために必要な“キャリア”と呼ばれる部分の改良だった。これは貼り終えた後は捨ててしまう部分である。最後はゴミとなる部分に、開発の執念を燃やした世界一“薄い”救急絆創膏開発の舞台裏を追う。

<取材先データ>
会社名:リバテープ製薬
住所:熊本市北区植木町岩野45
電話:0120-199-189(お客様相談室)
HP:http://www.libatape.jp/
その他の情報
フレックスケア(20枚入り) メーカー希望小売価格520円(税抜)
※1)セガミ・ココカラファインで販売
※2)国内向けの新フレックスケアは10ミクロンで販売