3月1日放送
看板がよみがえる!
これまで「ありそうでなかった」看板再生の新ビジネスが熊本でスタートした。色褪せた看板再生の方法は、色の塗り直しではなく、白い液剤(水性塗料)を使う。
看板の交換に比べコストは1/5~1/3。看板の色彩がよみがえり、紫外線による退色劣化の進行を遅らせる効果もある。
事業を始めた田辺正宜さん(65)の本業は、トマト農家。減農薬農業を目指し、虫を寄せ付ける紫外線対策として、ビニールハウスに塗布する紫外線カット塗料の研究を行ってきた。そして、田辺さんが研究してきた塗料には、経年劣化した塗装面再生にも効果があることがわかった。さらに調べていくと、水性塗料を使った看板再生というビジネスもなかった。
そこで、塗装面再生剤「カットくんエース」が誕生し、看板再生事業が去年7月からスタート。田辺さんはトマト農家と看板再生事業の二足のわらじをはいて、潜在的な「看板再生」市場を掘り起こしていくことになった。
看板再生ビジネスは、すぐに注目を集め、全国展開を目指すビジネスパートナーも現れた。そして、ビジネスが成長していく中で、塗装面再生剤「カットくんエース」に、大きな変化が起こる…。

<取材先データ>
※「ミラクルグロス」および「施工」の問い合わせ先
会社名 株式会社 日本環境リバレンス
住所 大分県大分市寺崎町1-6-32
TEL 097-551-5557
FAX 097-551-5517
HP http://www.jkr.co.jp/
※1)番組では「カットくんエース」(500g)を紹介していますが、商品名変更した「ミラクルグロス」は業務用(4kg・16kg)商品となっています。
※2)「ミラクルグロス」は、店舗での小売を行っていません。「日本環境リバレンス」が「ミラクルグロス」の総発売元で、施工は各県の代理店が行います。