4月5日放送(RBCは4/10(金)25:35~)
通帳に「筋肉」貯められます!
~鹿屋体大の貯筋運動~
通帳に「筋肉」を貯められるってご存知ですか?
鹿児島県にある日本で唯一の国立体育大学、鹿屋体育大学の福永哲夫学長(73)らが、2008年から研究を続けている筋力トレーニング、その名も「貯筋運動(ちょきんうんどう)」は、椅子1つあれば家でもできるほど簡単な動きであることや、トレーニングの成果を「貯筋通帳(ちょきんつうちょう)」に残していくというユニークな記録法から注目が集まり、地元の高齢者の方を対象に始まった「研究」が、今では「サークル」化。鹿児島県内はもちろん、県外、さらには韓国や台湾にまで広がりを見せているのです。
スポーツの最先端を走る「鹿屋体育大学」が研究しているとあって、その動きに無駄はなく、高齢者を対象にしたトレーニング後の測定結果では、男女ともに大腿部(足)の筋厚の有意な増加が認められています。
また、実際にトレーニングをしている高齢者からは、「朝ベッドから起きるのが楽になった。」「片足立ちで靴下が履けるよ!」「憧れていた海外旅行に行ける自信がついた!」と、日常生活がより充実する方向に「筋肉」がついた様子が伺えるほどです。
そんな「夢のトレーニング」の今に迫ります!

<取材先データ>
学校名:鹿屋体育大学
担当者:プロジェクトリーダー 川西 正志 副学長
住所:〒891-2311 鹿児島県鹿屋市白水町1
電話:0994-46-4815
HP:http://www.nifs-k.ac.jp/