7月19日放送予定(RBCは7月24日)
ふるさとミックス!九州・沖縄ジュース
九州・沖縄産のおいしく、栄養豊かな農作物でできた2種類のジュースの開発物語だ。
ひとつは野菜ジュース、もうひとつは野菜と果物ジュースだ。
このジュース作りには厳しい2つのルールが課せられた。
ルール1は九州・沖縄各県から必ず1種類特産の農作物を入れること。
ルール2はその野菜・果物から汁を絞る作業も製品に完成するのも九州内の工場で行うこと。
このルールに基づいてジュース開発者が探し出した作物には、知られざる逸品があった。宮崎県日向地方の柑橘類の平兵衛酢(へべす)は、レモンでは出せない九州の味わいを出す貴重な作物だった。 またジュースにおいしそうな色を出す南九州産の芋の一種、アヤムラサキは、開発当初、全く売れず生産中止直前まで追い込まれたが、今回の新しいジュースでは青みがかった美しい赤色を出すのに一役買った。 農作物に限らず、九州・沖縄には都会人の忘れてしまったような原風景が残っている。
大分市に生まれ育った写真家の岩崎秀夫さん(81)が撮り続けてきた九州各地の絶景写真を織りまぜながら、飲めばふるさとの原風景が目に浮かぶような世界一を目指す九州・沖縄ジュースの開発秘話を見せる。

◆ジュース開発
キリンビバレッジ株式会社 テクノビレッジセンター
住所:神奈川県横浜市鶴見区生麦1-17-1
電話:045-503-8310(代表)