10月18日放送(RBCは10月23日)
ファクトリーブランドの進撃!
熊本市の老舗婦人服店の4代目・山田敏夫(32)が日本初のファクトリーブランド 専門通販サイト
「Factelier(ファクトリエ)」を2012年に立ち上げた。
東京・銀座にショールームを構え、急成長する注目ブランドだ。
1990年に約50%だった国内におけるアパレル品国産比率は、3%程度まで落ち込んでいる。
「このままでは世界に誇る日本の技術が途絶え、職人がいなくなってしまう」(山田談) こんな危機感から生まれたのが、卸業などの中間業者を排除し、日本の工場ブランド のみを、消費者に直接販売する「Factelier(ファクトリエ)」。
山田は、日本各地の縫製工場を訪ね歩き、世界の有名ブランドの下請け(または同等の技術を持つ)工場を探し出し、工場のオリジナル商品を「Factelier×(工場名)」と して展開する。品質は日本トップレベル。価格は、品質に対してリーズナブル。
これが目の肥えた消費者の心をつかんだ。
そして、“Made in JAPAN”への関心から、海外注文も多く、今年からは海外展開も始まった。
今年の夏、ファクトリエは、大手婦人服メーカーの下請けを行う熊本県内の縫製工場と、スカートの商品開発を行った。
スカート商品開発の裏側に密着し、“Made in JAPAN”を掲げ、急成長するファクトリーブランドの進撃を描く。

<取材先データ>
ファクトリエ(会社名:ライフスタイルアクセント株式会社)
◆熊本本社:熊本県熊本市中央区手取本町4-7
電話:096-352-0425(マルタ號)

◆東京オフィス:東京都中央区銀座8-12-11第二サンビル3F
電話:03-5843-8786
HP:http://factelier.com

※1)商品に関するお問い合わせは、東京オフィスにお願いします。
※2)マルタ號(熊本市)では、ファクトリエ商品を一部取り扱っています。