2月21日放送(RBCは2月26日)
MLBを席巻!~鹿児島のグラブ~
アメリカ大リーグ30球団、270人の選手が使うウィルソン社のグラブ。 全て鹿児島県阿久根市の職人村井英明さん(79)の下、作られている。 毎月メールで送られてくるオーダー表には、世界の名だたるプレーヤーが並ぶ。
3度のゴールデングラブ賞を受賞したレッズのブランドン・フィリップス選手や 第3回WBC、MVPに輝いたマリナーズのロビンソン・カノ選手など多数。
昨年メジャーから戻り古巣日本ハムに復帰した田中賢介選手。
村井英明さんのグラブを愛用する選手の一人だ。
昨年ウィルソン社は田中賢介選手と共に新型グラブの開発に着手した。
それはこれまで日本になかった新しい形
指のパーツを強くし、後逸しにくいグラブを作るという。
その製作を依頼されたのが村井英明さんだった。
またアメリカからは13回のゴールデングラブ賞を受賞しているイバンロドリゲス元捕手からオーダーが入っていた。
怪我が多いキャッチャーの為にこちらも新型のミットを開発してほしいという。番組では二つのグラブ開発に密着。 鹿児島の職人がなぜ世界のスーパースター選手と繋がり、受け入れられるのか。
この道60年の職人、村井英明さんの技術に迫る。

<取材先データ>
会社名:ケイエスケイ株式会社
担当者:村井英明
住所:鹿児島市阿久根市西目2550
電話番号:0996-74-1511
その他:グラブは工場での販売は一切しておりません。ウィルソンのグラブを置くスポーツ用品店で購入ください。国内のスポーツ用品店で販売されているウィルソンのグラブは全てKSKで作られています。