10月29日放送(RBCは11月3日放送)
魅せるジェラートで世界に勝負!
イタリア国内でジェラートを販売する店・ジェラテリアは、およそ35000軒。この数は人口対比すると、日本におけるコンビニの実に1,3倍以上。そのジェラートの本場イタリアでジェラートの世界大会が開催された。
19か国から集まった36人のファイナリストの中、東アジア代表として挑んだのが、長崎のパティシエ・有田好史さんだ。彼のジェラートはパティシエの技術を生かした演出で、そのショーケースはまるで宝石箱のような華やかさだ。長崎の小さなカステラ屋の2代目として生まれた有田さんは、海外も視野に入れて修業を始めたばかりの21歳の時、父の急死で店の再建という現実と向き合うことになった。
一度は遠のいた世界の舞台にたつ夢が、今、世界大会出場という形で、巡って来た。完全アウェイの中、来場者の心をつかむために、有田さんは、イタリアでブームになっているドルチェをジェラートで再現する作品で勝負に出る。ワールドツアーにちなんだデコレーションにも余念がない。
数万人が繰り出す3日間の大会で、果たして、彼の味は、その演出は、イタリア人の心をつかむことができたのか?


代表者:代表取締役社長:有田好史さん
     経営企画室本部長:丸尾聖子さん
住所:事務所:長崎市畝刈町(あぜかりまち)1613-318
電話:注文・問い合わせ:0120-111-999
    事務所:095-850-7793
HP: http://www.patisserie-arita.jp
その他:長崎に6店舗を展開、年中無休、 ジェラートは時津店、出島店、浦上店で、300~400円で販売