2月4日放送(RBCは2月9日放送)
美味しさはオンリーワン 西米良サーモン世界へ!
宮崎市内から車で約2時間の西米良村は周囲を山々に囲まれ「平成の桃源郷」といわれ自然が自慢の村。この村から生まれたある魚が今、話題となっている。
それは山生まれ山育ちのご当地サーモン「西米良サーモン」。
この魚を養殖するのは、西米良村で約50年の歴史を持つ「井戸内養魚場」。
西米良サーモンはニジマスとイワナを掛け合わせた井戸内養魚場オリジナル
まさに唯一無二の魚。卵から育成・出荷まで一貫生産を西米良村で行っており
品質の高さは折り紙つき。程よい脂加減、四季折々で変化をもたらす上品な旨みは極上品。口コミで話題となり全国にファンを持つ
「西米良のこの地形が美味しい魚を育んでいる」と話すのは、次期3代目の濱砂慎吾さん(30)。西米良サーモンの管理、営業を担当し日々奮闘する。小さい頃から飼育の手伝いをしており「サーモンは家族」というほどサーモン愛が深い。誰よりもこの魚の良さを知る濱砂さんはある秘策で西米良サーモンの美味しさを最大限に引き出し「美食の街」香港にも売り込む。
「お客さんが美味しいと喜んでもらう顔を見るのが一番うれしい」をモットーに世界を駆け巡る濱砂さんの思い、また西米良サーモンの旨さの秘密に迫る。


■取材先
会社名:(株)井戸内養魚場
担当者:濱砂 慎吾(はますな しんご)
住所:宮崎県児湯郡西米良村大字村所75-1
電話:0983-36-1673