12月14日放送
踊る披露宴は沖縄の宝!
もう何度も沖縄の披露宴に出席している私ですが、やはり何度見ても沖縄の披露宴は楽しい!
新郎新婦の友人たちの若い(!?)感性のぶつかりあいに時に微笑ましく、時に大笑いしてしまう。
その年に流行ったものを扱うため、過去にあった披露宴の話を仲間内でするとその時代時代が反映され、余興談義に花が咲く。
また沖縄の披露宴は、親せきの子どもたちも招待するため、よほどの乳飲み子でなければ家でお留守番ということは無い。
だから大人たちの舞いの妖艶(!?)に子どものうちから触れ、宴の一部始終を幼いうちから頭にインプットしているのだ。
こうして余興のDNAは受け継がれていく。
そして、しめのカチャーシーはみんなのもの。カチャーシー参加率は高齢になるほど高くなる。
普段は膝が痛い、踊れないという年寄りたちもカチャーシーになるといつの間にかちゃっかり踊っているから不思議です。
RBC 琉球放送 大嶺 明子