6月14日放送(RBCは6月19日)
おしっこ一滴で「がん」を発見!
おしっこ一滴で「がんの有無」が95.8%の識別率でわかるというのは画期的です。線虫というわずか1ミリの生物の鋭い嗅覚と「がん患者の発するにおい」を好む性質を利用して「がん」を発見するという検査法には驚きました。線虫・嗅覚の専門家 広津崇亮助教と外科医の園田英人助教という九州大学コンビが世界に通用する成果を生み出したことも九州人として誇りに感じます。 日本では1年間に37万人が「がん」で亡くなっています。この高精度・低コスト・安全な検査法が実用化され、さらにがんの種類まで特定できるようになれば早期発見・早期治療への道が大きく開かれ、多くの人の命が救われるだろうと期待が膨らみます。
担当:RKB毎日放送 山田 尚